格差拡大の真実

経済協力開発機構 編著 ; 小島克久, 金子能宏 訳

最近の経済の停滞に至る30年の間に、かなりの数のOECD加盟国で賃金格差が広がるとともに、世帯所得の格差も拡大した。このような事態は経済成長と雇用の確保の両方が持続的であった時期にも起こっていた。この報告書では、このようなさまざまな格差の拡大の背後にある主要な要因を分析する。まず、経済のグローバル化、熟練労働が優位になる技術進歩、制度改革と規制改革などがどれだけ稼得所得の格差に影響を及ぼしたかという問題を分析する。さらに、家族形成と世帯構造の変化がどのように世帯の稼得所得や世帯全体の所得の格差を変化させることに影響を与えたかについて分析し、その証拠となる結果を示す。また、税制と社会保障の給付の仕組みが、世帯所得の再分配の仕方にどのような変化をもたらしたかについての分析を行う。これらの分析をもとに、この報告書では、格差の拡大に対処するために最も効果的なのはどのような政策なのか、また各国の予算の制約が厳しい中で、格差是正に関連する諸政策について、どのような組み合わせ方が可能なのかについて検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概要 OECD加盟国における所得格差拡大の概観
  • 特集 新興経済国における格差
  • 第1部 グローバル化、技術進歩、政策は賃金格差と所得格差にどのような影響を及ぼすのか(経済のグローバル化、労働市場の制度・政策、賃金格差の動向
  • 経済のグローバル化と制度・政策の変化の所得格差への影響
  • 就業者と非就業者の格差)
  • 第2部 労働所得の格差はどのように世帯可処分所得の格差を引き起こすのか(所得格差の要素:労働時間、自営業、非就業
  • 世帯の就業所得の格差の動向:家族構成の変化が果たす役割
  • 世帯就業所得の格差から世帯可処分所得の格差へ)
  • 第3部 税と社会保障の役割はどのように変化したか(税と社会保障による所得再分配機能:過去20年間の変化
  • 公共サービスが所得格差に及ぼす影響
  • 高額所得者の傾向と租税政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格差拡大の真実
著作者等 Organisation for Economic Co-operation and Development
小島 克久
経済協力開発機構
金子 能宏
経済協力開発機構(OECD)
書名ヨミ カクサ カクダイ ノ シンジツ : ニキョクカ ノ ヨウイン オ トキアカス
書名別名 Divided We Stand

二極化の要因を解き明かす
出版元 明石書店
刊行年月 2014.10
ページ数 459p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-7503-4085-2
NCID BB16964274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22486409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想