つながりっぱなしの日常を生きる

ダナ・ボイド 著 ; 野中モモ 訳

ネット中毒、リテラシー、プライバシー…ネットにまつわる定説は、次々に覆された!米国SNS研究の第一人者が解き明かした10代の"複雑"な生活から少し先の日本が見えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 アイデンティティ-なぜ、若者はネットでよからぬことをしているように見えるのか?
  • 2章 プライバシー-なぜ、若者はネットであけっぴろげにしてしまうのか?
  • 3章 中毒-何が若者をソーシャルメディアにはまらせてしまうのか?
  • 4章 危険-性犯罪者は、そこらじゅうをうろついているのか?
  • 5章 いじめ-ソーシャルメディアは、意地悪や残忍な行為を増幅するのか?
  • 6章 不平等-ソーシャルメディアは、ますます社会の分断や格差を広げるのか?
  • 7章 リテラシー-デジタルネイティブは、幻想だ。
  • 8章 パブリック-若者にとっての公はどこに?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 つながりっぱなしの日常を生きる
著作者等 boyd, danah
野中 モモ
Boyd Danah
ボイド ダナ
書名ヨミ ツナガリッパナシ ノ ニチジョウ オ イキル : ソーシャル メディア ガ ワカモノ ニ モタラシタ モノ
書名別名 IT'S COMPLICATED

ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの
出版元 草思社
刊行年月 2014.10
ページ数 353,29p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7942-2087-5
NCID BB16951046
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22483285
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想