DSM-5を読み解く  3

神庭重信 総編集

[目次]

  • 1 双極性障害および関連障害群(双極性障害および関連障害群に関するDSM‐5改訂の一般的コンセプト-病因・病態に基づく診断体系、過剰診断の抑制、自殺危険性への配慮
  • 診断概念の変遷-DSM‐3導入前まで
  • 疾患概念の変遷-DSM‐3以降 ほか)
  • 2 抑うつ障害群(DSM‐5時代のうつ病論
  • 診断概念の変遷-DSM‐3導入前まで
  • 診断概念の変遷-DSM‐3からDSM‐4‐TRまで ほか)
  • 3 睡眠‐覚醒障害群(DSM‐5における睡眠障害の位置づけと睡眠障害国際分類との関連
  • 不眠障害
  • 過眠障害 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DSM-5を読み解く
著作者等 内山 真
神庭 重信
書名ヨミ ディーエスエム ファイヴ オ ヨミトク : デントウテキ セイシン ビョウリ ディーエスエム フォー アイシーディー テン オ フマエタ シンジダイ ノ セイシンカ シンダン
書名別名 双極性障害および関連障害群,抑うつ障害群,睡眠-覚醒障害群

伝統的精神病理,DSM-4,ICD-10をふまえた新時代の精神科診断
シリーズ名 精神障害の診断と統計の手引き
巻冊次 3
出版元 中山書店
刊行年月 2014.11
ページ数 298p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-521-73975-5
NCID BB16942690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22490454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想