糖質の生命科学

糖業協会 監修 ; 橋本仁 著

エネルギー源としての糖質、情報アンテナとしての糖鎖、生体調節機能としてのオリゴ糖。「いのち」をつかさどる糖質について本書は、わかりやすく解説しています。糖は甘くてエネルギーとなるだけではなく、血液型も糖鎖できまり、感染・免疫・受精などの生理活性機能に糖が関与しており、生命現象にかかわる糖質の働き、糖の謎が一般読者の方でも理解し易く纏めた一冊です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 奇跡の地球
  • 糖質とはどのようなもの
  • 糖質の消化と代謝
  • 生体内における糖質の役割
  • 脳機能と糖質
  • 「第三の生命鎖」-糖鎖
  • 糖質の機能・誤解・疾患
  • 少糖類(オリゴ糖類)と多糖類の生体調節機能への利用
  • 環状糖質の保健・医療などへの寄与
  • 希少糖
  • キノコの抗がん多糖類

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖質の生命科学
著作者等 橋本 仁
糖業協会
書名ヨミ トウシツ ノ セイメイ カガク
出版元 丸善プラネット : 丸善出版
刊行年月 2014.10
ページ数 225p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86345-226-8
NCID BB16926978
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22488968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想