ナイル世界のヘレニズム

周藤芳幸 著

地中海世界の新時代-西洋最古のグローバル化の時代であったヘレニズム期、エジプトとギリシアという二つの高文化の交錯は何をもたらしたのか。中心都市アレクサンドリアに見るプトレマイオス朝の表象戦略から在地社会の文化変容まで、エジプトでの長期発掘調査をもとに、物質史料と文字史料を総合して新たな像を提示する労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヘレニズム史の再構築に向けて(プトレマイオス朝エジプト史研究の新展開-「オリエント的デスポティズム」を越えて
  • アコリス遺跡の考古学-ヘレニズム時代を中心として
  • ヘレニズムへの道-アレクサンドロス以前のナイル世界とエーゲ海世界)
  • 第2部 ナイルのほとりのヘレニズム王国(都市アレクサンドリアの成立-ヘレニズム文明の磁場の創造
  • セーマ・大灯台・図書館-表象とモニュメントの世界
  • 初期プトレマイオス朝の宗教政策-支配者崇拝から王朝祭祀へ)
  • 第3部 領域部の文化変容(プトレマイオス朝とエジプト領域部の開発-ファイユームの水利事業を中心として
  • 採石場のヘレニズム-ニュー・メニア古代採石場の調査成果から
  • ローマ帝政期の軍団と採石場
  • ケファラスの子ディオニュシオスとその世界-前二世紀末エジプト在地社会の一段面)
  • 第4部 在地エリートの対応(トゥナ・エル・ジェベルの「ペトシリスの墓」-イメージの文化変容
  • ヘルモポリスのアーキトレイヴ碑文-王権・軍団・在地エリート
  • ヘルゲウスの子ハコリスの磨崖碑文-甦る在地エリートの素顔
  • ロゼッタ・ストーン再考-王権と在地神官団との相互交渉)
  • 第5部 東地中海とナイル世界(初期プトレマイオス朝とエーゲ海世界-ギリシア諸都市との関係を中心として
  • 地中海の構造変動とナイル世界-南部エジプト大反乱をめぐって
  • 地中海の海上交易とナイル世界-アコリス遺跡出土アンフォラからの考察
  • 東地中海コイネー文化の成立-物質文化のヘレニズムをめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナイル世界のヘレニズム
著作者等 周藤 芳幸
書名ヨミ ナイル セカイ ノ ヘレニズム : エジプト ト ギリシア ノ ソウグウ
書名別名 エジプトとギリシアの遭遇
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2014.11
ページ数 367,56p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0785-6
NCID BB16915111
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22496368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想