里の時間

芥川仁, 阿部直美 著

「都会は、玄関から一歩出っと金かかるべ。ここは一歩出っと、晩のおかずが採れるんだ」-古来、素朴な自然が残る各地の集落を訪ね、自然と共につつましやかに暮らす人びとの日々の営み、身近にある「幸せ」の姿をさり気ない写真、飾り気ない言葉でそっと伝えます。そう、ふつうの暮らしこそがいい人生!カラー写真多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 春(玄関から一歩出っと晩のおかず(福島県・大沼郡会津美里町)
  • 谷間の村と熊と犬の物語(福井県・今立郡池田町) ほか)
  • 夏(時々ご先祖様が帰ってくる(島根県・仁多郡奥出雲町)
  • 腰伸ばし棚田見守る母(滋賀県・東近江市) ほか)
  • 秋(先人の汗で田を拓く(熊本県・上益城郡山都町)
  • 茅の高原を守る四十二世帯(奈良県・宇陀郡曽爾村) ほか)
  • 冬(天筆の炎と男衆の竹打ち(秋田県・仙北郡美郷町)
  • 藁の鍾馗様が春掘り起こす(新潟県・東蒲原郡阿賀町) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 里の時間
著作者等 芥川 仁
阿部 直美
書名ヨミ サト ノ ジカン
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1511
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.10
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431511-7
NCID BB16908943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22497156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想