保育とは何か

近藤幹生 著

財政難のあおりや度重なる政策変更によって翻弄される保育の現場。待機児童問題は依然、深刻であり、乳幼児をめぐる環境は厳しさを増すばかり。しかし、その間も子どもは成長する。この「待ったなし」の問題で、私たちは何を優先すべきなのか。乳幼児期保育・教育の現状を歴史の中から見直し、ありうべき保育像を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会のまなざしを乳幼児期へ向ける
  • 第1章 保育はいま
  • 第2章 実際の姿を見つめる
  • 第3章 保育実践の輝き
  • 第4章 「子ども・子育て支援新制度」のスタート
  • 第5章 子どもを社会が育てるために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 保育とは何か
著作者等 近藤 幹生
書名ヨミ ホイク トワ ナニカ
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1509
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.10
ページ数 178,5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431509-4
NCID BB16908885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22497160
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想