高野山

松長有慶 著

日本各地のみならず、世界から多くの人が訪れる高野山。世界遺産に登録されて、二〇一五年には開創一二〇〇年を迎える。この地の四季を通じての儀礼、歴史、弘法大師・空海の生涯、そして仏像や建築など文化財について、高野山に生まれ育ち、密教研究の第一人者であり、高野山真言宗管長を務める著者が体験を込めて綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 高野山の一日
  • 第1章 高野山を歩く
  • 第2章 高野山の四季
  • 第3章 高野山の開創
  • 第4章 高野山の歴史
  • 第5章 高野山の今昔
  • 第6章 高野山の文化財

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高野山
著作者等 松長 有慶
書名ヨミ コウヤサン
書名別名 Koyasan
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1508
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.10
ページ数 233,9p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431508-7
NCID BB16908874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22497158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想