思索の源泉としての鉄道

原武史 著

東日本大震災で起きた日本の鉄道史上未曾有の事態-それから3年半、断たれた鉄路はどうなっているか?車窓に目をこらし、歴史に耳を澄ませ、日本を読み解く唯一無二の鉄コラム!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東日本大震災と鉄道
  • 第2章 天皇・皇居と鉄道
  • 第3章 沿線文化の起源
  • 第4章 断たれた鉄路をゆく
  • 第5章 鉄道をめぐる記憶と文学
  • 第6章 乗客の横顔
  • 第7章 鉄道復興の軌跡
  • 第8章 海外の鉄道で考える
  • 第9章 よみがえる「つばめ」「はと」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思索の源泉としての鉄道
著作者等 原 武史
書名ヨミ シサク ノ ゲンセン ト シテ ノ テツドウ
書名別名 Shisaku no gensen to shite no tetsudo
シリーズ名 講談社現代新書 2285
出版元 講談社
刊行年月 2014.10
ページ数 270p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288285-9
NCID BB16898067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22486149
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想