統計からみた気象の世界

藤部文昭 著

猛暑や豪雨が多くなったのは地球温暖化のせい?世の中そんなに単純ではありません。刻々と移り変わる気象をどうやって切り取り、観測データから何が見えてくるか。数字で読み解く気象の世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大雨は夜に多いか-統計で見えてくるもの
  • 第2章 地球温暖化を捉える-気候変動の検出
  • 第3章 「ゲリラ豪雨」はヒートアイランドのせいか-統計と因果論
  • 第4章 気象台の気温と街の中の気温-観測データの代表性
  • 第5章 データの信頼性を生み出すもの-品質情報の大切さ
  • 第6章 平均値、変動、極値-統計の基本事項

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統計からみた気象の世界
著作者等 藤部 文昭
書名ヨミ トウケイ カラ ミタ キショウ ノ セカイ
シリーズ名 気象ブックス 041
出版元 成山堂書店
刊行年月 2014.10
ページ数 149p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-425-55401-0
NCID BB16896174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22486836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想