半農半Xという生き方

塩見直紀 著

「半農半X」とは、農的暮らしを実践しつつ大好きなことを追求すること。このコンセプトを提唱し、少なからぬ読者の人生を変えてきた本、ついに文庫化!移住後の生き方として。就職とは別の生き方として。退職後のセカンドライフとして。多くの実践者の話から、天職の探し方、田舎暮らしの始め方、なぜ「農」が必要なのか、などがわかってくる。文庫化にあたり、その後の広がりを追加。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 田舎に出よう!そこは人間復興の場だった!-人と人の間で心地よく生きる‐「半農半X」の神髄
  • 第2章 小さな暮らし、大きな夢‐田舎暮らしの楽しみ-物欲縮小、健康獲得、甦る家族‐「半農」の意味
  • 第3章 きっと見つかる!自分という魅力に満ちた原石-「好きなこと」と「役立つこと」の調和‐「半X」が目指すもの
  • 第4章 それは「やりたいこと」か「やるべきこと」か-自分主役の人生創造
  • 第5章 「半農半X」は問題解決型の生き方だ!-さまざまな社会病理を乗り越える知恵
  • 第6章 出版一〇年を振り返って-文庫版のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 半農半Xという生き方
著作者等 塩見 直紀
書名ヨミ ハンノウ ハンエックス ト イウ イキカタ
シリーズ名 ちくま文庫 し47-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.10
版表示 決定版
ページ数 281p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43206-3
NCID BB16891090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22528220
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想