人間とは何か

武田計測先端知財団 編 ; 榊佳之, 山極寿一, 新井紀子, 唐津治夢 著

最も複雑なシステムの一つ「ヒト」は先端科学でどこまで解き明かされるのか。ヒトゲノム解読から何がわかったか、人工知能は東大入試を突破できるか、ヒトとサルはどのように異なるのか。これらの研究を通して「人間とは何か」を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヒトゲノム解析は何をもたらしたか(ヒトとは何か-二重らせんがもたらした革命
  • ヒトゲノム計画とその成果
  • ヒトゲノムを解析する技術 ほか)
  • 第2章 人工知能はどこまで人間に近づけるか(人工知能にとって難しいこと、やさしいこと
  • チェスでも将棋でもコンピューターが勝った
  • コンピューターは選択問題が得意? ほか)
  • 第3章 言語以前のコミュニケーションと社会性の進化(類人猿やサルから見た人間
  • 類人猿の社会構造とコミュニケーション
  • 人類の進化史的背景と生活史の進化 ほか)
  • 第4章 人間とは何か?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間とは何か
著作者等 唐津 修
山極 寿一
新井 紀子
榊 佳之
武田計測先端知財団
唐津 治夢
書名ヨミ ニンゲン トワ ナニカ : センタン カガク デ ヒト オ ヨミトク
書名別名 先端科学でヒトを読み解く
シリーズ名 科学のとびら 57
出版元 東京化学同人
刊行年月 2014.10
ページ数 97,5p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8079-1297-1
NCID BB16890702
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22486389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想