民事裁判における「暗黙知」 : 「法的三段論法」再考

日本法哲学会【編】

[目次]

  • 発題 統一テーマ「民事裁判における「暗黙知」-「法的三段論法」再考」について
  • 論説・コメント(法を事実に当てはめるのか、事実を法に当てはめるのか
  • 民事裁判における三段論法の意義と課題-超過利息の判例を素材に ほか)
  • 論争する法哲学(書評)(斬新なカント、法哲学か政治哲学か-木原淳『境界と自由 カント理性法論における主権の成立と政治的なるもの』
  • 正義理念の力-井上達夫『世界正義論』 ほか)
  • ワークショップ概要(クィア法理論の可能性を探る
  • 規範理論と実証理論との対話-リバタリアン・パターナリズムを手がかりに ほか)
  • 投稿論文(倫理の法制度化-臨床倫理と研究倫理を素材にして
  • 国民国家に関する覚書-その本質と諸相 ほか)
  • 特別寄稿(碧海純一先生を偲んで
  • 三代川潤四郎先生を偲んで)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民事裁判における「暗黙知」 : 「法的三段論法」再考
著作者等 日本法哲学会
書名ヨミ ミンジサイバンニオケルアンモクチ : ホウテキサンダンロンポウサイコウ
シリーズ名 法哲学年報 2013
出版元 有斐閣
刊行年月 2014.10.30
ページ数 306p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-641-12571-1
ISSN 03872890
NCID BB16888992
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想