現代哲学

バートランド・ラッセル 著 ; 髙村夏輝 訳

世界は究極的に、どのようなあり方をしているのか?その世界の中で人間はどのように描き出せるのか?ラッセルはまず、科学的・客観的に、行動主義やゲシュタルト心理学から量子力学や相対性理論にいたる同時代の最先端の科学的成果を渉猟して、外側から捉えた世界像を分析。ついで、主観的・常識的に見た人間のあり方を検証する。そして最後に、科学の絶対化と心の神秘化を退けながら両者を総合し、統一的な世界像である「中性的一元論」を提示する。現代哲学の始祖が、いまなお議論されている大問題に取り組んだ、円熟期の総決算的哲学入門書。待望の本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(人間とその環境
  • 動物と幼児の学習過程 ほか)
  • 第2部(原子の構造
  • 相対性理論 ほか)
  • 第3部(自己観察
  • イメージ ほか)
  • 第4部(過去の偉大な哲学者たち
  • 真理と虚偽 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代哲学
著作者等 Russell, Bertrand
高村 夏輝
ラッセル バートランド
書名ヨミ ゲンダイ テツガク
書名別名 AN OUTLINE OF PHILOSOPHY
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ラ4-3
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.10
ページ数 532p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09616-6
NCID BB16881304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22530136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想