地域のなかの軍隊  5

坂根 嘉弘【編】

日清戦争時に大本営が広島に設置され、一大軍港都市の呉が置かれるなど、「西」は近代における軍事の要であった。中国・四国各地の軍隊誘致運動や、それに伴う都市形成と諸産業の発達、市民生活との密な関係に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 軍都論(広島の都市形成と第五師団
  • 第一一師団と善通寺
  • 鳥取・松江の連隊誘致と陸軍記念日
  • 軍港都市"呉"から平和産業港湾都市"呉"へ)
  • 2 軍都の社会史(陸海軍と中国・四国・瀬戸内の経済成長
  • 軍馬補充部大山支部と周辺農村・農民
  • 高知県における戦没者慰霊)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域のなかの軍隊
著作者等 上杉 和央
坂根 嘉弘
大瀧 真俊
小幡 尚
山下 洋
山本 裕
布川 弘
能川 泰治
野間 万里子
書名ヨミ チイキ ノ ナカ ノ グンタイ
書名別名 西の軍隊と軍港都市 : 中国・四国

Chiki no naka no guntai
巻冊次 5
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2014.11
ページ数 213,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06477-4
NCID BB16879459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22486475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想