血液型で分かる病気のリスク

永田宏 著

「血液型というと性格診断!」となる日本では、血液型と病気の関係は注目されていません。しかし、世界ではB型とAB型はO型と比べて1.59倍も脳梗塞になるリスクが高いなど、遺伝子レベルの研究が進んだことで、血液型と病気の相関関係が明らかになってきました。あなたが将来なりやすい病気、血液型と人類にまつわる知識まで、最新の研究成果から人体の不思議に迫ります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 血液型は性格より、病気の目安になる
  • 第2章 まずは知っておきたい血液型の基礎知識
  • 第3章 がんになりやすい血液型、なりにくい血液型
  • 第4章 本当はがんより怖い血栓症
  • 第5章 血液はウイルスとともに進化する
  • 第6章 血液型の知識を健康利用する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血液型で分かる病気のリスク
著作者等 永田 宏
書名ヨミ ケツエキガタ デ ワカル ビョウキ ノ リスク
書名別名 Ketsuekigata de wakaru byoki no risuku
シリーズ名 幻冬舎ルネッサンス新書 な-2-1
出版元 幻冬舎ルネッサンス
刊行年月 2014.9
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7790-6102-8
NCID BB16861748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22465979
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想