ヨーロッパ文明史

フランソワ・ギゾー [著] ; 安士正夫 訳

七月王政時に国政を担った政治家、ギゾーによる歴史の展望。福沢諭吉の『文明論之概略』の成立に影響を与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヨーロッパ文明史
  • ヨーロッパの文明におけるフランスの役割
  • 文明というものは語りうること
  • それは歴史上のもっとも普遍的な事実なること
  • 文明なる語の日常通俗的な意味について
  • 二つの主要事実が文明を構成する(一)社会の発展(二)個人の発達
  • この主張の証拠
  • これら二つの事実は相互に必然的に結びついており、晩かれ早かれ互いに他の原因となること
  • 人間の運命はその現在のもしくは社会的の状態の中にことごとく包含されるか
  • 文明の歴史は二つの観点から観察せられ、提示せられうる〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ文明史
著作者等 Guizot, François
安士 正夫
Guizot Fran〓ois‐Pierre‐Guillaume
ギゾー フランソワ
書名ヨミ ヨーロッパ ブンメイシ : ローマ テイコク ノ ホウカイ ヨリ フランス カクメイ ニ イタル
書名別名 HISTOIRE DE LA CIVILISATION EN EUROPE

ローマ帝国の崩壊よりフランス革命にいたる
出版元 みすず書房
刊行年月 2014.9
版表示 新装版
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07881-4
NCID BB16848910
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22468417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想