極論で語る神経内科

河合真 著 ; 香坂俊 監修

認知症患者への接し方、眼からうろこの「てんかん学」、PDにおけるドパミンの使い方、難病ALSの治療、そして睡眠医学…神経内科回診での"ツッコミどころ"が満載。日本と米国で指導医として活躍する河合真先生が、海外の最新トレンドも踏まえて教える、神経内科の『極意』。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 脳血管障害-CVD
  • 2章 認知症-dementia
  • 3章 てんかん-seizure/epilepsy
  • 4章 多発性硬化症-MS
  • 5章 パーキンソン病-PD
  • 6章 筋萎縮性側索硬化症-ALS
  • 7章 ギラン・バレー症候群-GBS
  • 8章 重症筋無力症-MG
  • 9章 睡眠-sleep
  • 10章 脊髄疾患-spinal cord disease
  • 11章 「器質的疾患でない」疾患について-non‐organic disease

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 極論で語る神経内科
著作者等 河合 真
香坂 俊
書名ヨミ キョクロン デ カタル シンケイ ナイカ
書名別名 Kyokuron de kataru shinkei naika
出版元 丸善
刊行年月 2014.9
ページ数 141p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-08852-4
NCID BB16845209
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22473925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想