孝謙・称徳天皇

勝浦令子 著

孝謙・称徳天皇(七一八〜七七〇、在位七四九〜七五八・七六四〜七七〇)。異例の女性皇太子を経て即位し、藤原仲麻呂ら多くの政敵と闘い、父聖武天皇の仏教政策を継承しつつも、道鏡を重用し独自の政治を行った孝謙・称徳天皇。本書では「王権と仏教」「女性と仏教」という視点から、その実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 阿倍女王の出生-光明子所生草壁皇統の女子
  • 第2章 阿倍内親王の哀楽-弟夭折と母立后
  • 第3章 女性皇太子への道-立太子計画と東宮教育
  • 第4章 阿倍皇太子の苦悩-女性皇太子の五節の舞
  • 第5章 孝謙天皇の自覚-即位と崇仏天皇の継承
  • 第6章 孝謙太上天皇の反撃-出家と恵美押勝打倒
  • 第7章 称徳天皇の矜持-尼天皇重祚と道鏡法王
  • 第8章 称徳天皇の手腕-女帝としての政治
  • 第9章 称徳天皇の夢思-出家者皇位継承の模索
  • 第10章 女性天皇の終焉-晩年の祈りと「負の記憶」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孝謙・称徳天皇
著作者等 勝浦 令子
書名ヨミ コウケン ショウトク テンノウ : シュッケ シテモ マツリゴト オ オコナウ ニ アニ サワラズ
書名別名 出家しても政を行ふに豈障らず
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2014.10
ページ数 345,7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-07181-4
NCID BB16845082
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22480168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想