子どもに貧困を押しつける国・日本

山野良一 著

2014年7月、厚生労働省より発表された「子どもの貧困率」は16.3%。過去最悪の数字を更新した。保育や幼児教育への政府支出は「未来への投資効率が高い」とされる世界のトレンドに反して、日本の福祉は相変わらず低空飛行を続けている。そこには、日本特有の社会意識と、それを温存し利用しようとする政府の思惑が絡み合っていた。前作『子どもの最貧国・日本』に続き、福祉の新たな視座と解決策を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今なお日本は「子どもの貧困」大国(先進国ワースト4位の貧困率
  • 豊かな日本は貧困ラインが高い? ほか)
  • 第2章 最低の保育・教育予算、最高の学費(最低レベルの保育・教育予算
  • 就学前と大学段階の公的教育支出 ほか)
  • 第3章 報じられた子どもの貧困問題(4つの子どもの貧困トピックス
  • 子どもの無保険問題 ほか)
  • 第4章 家族依存社会の生きづらさ(昔のほうが苦しかった?
  • 私の子ども時代 ほか)
  • 第5章 貧困対策とコストパフォーマンス(子どもの貧困対策法
  • あしなが育英会の声 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもに貧困を押しつける国・日本
著作者等 山野 良一
書名ヨミ コドモ ニ ヒンコン オ オシツケル クニ ニホン
書名別名 Kodomo ni hinkon o oshitsukeru kuni nihon
シリーズ名 光文社新書 718
出版元 光文社
刊行年月 2014.10
ページ数 284p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03821-2
NCID BB16840158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22483217
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想