入門説話比較の方法論

廣田收 著

文字文芸の基盤には、文字にならない口承の言語伝承が確実に存在している。そして説話には、その表現を根底から支える原理的な枠組みがある。「文献そのものの解明」から脱却し、相互の影響関係や受容関係に捕らわれず「話型」・「表現」に着目することにより、地域的な文化や歴史の異なりなどが織り重なる説話の深層に踏み込む。説話を「立体的」に捉えるための方法論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 伝承的表現論(なぜ昔話が、なのか
  • 昔話の分類とは何か ほか)
  • 2 比較という方法-口承・書承と日韓比較(比較とは何か
  • 昔話「継子虐め」の日韓比較 ほか)
  • 3 昔話と説話とに共有される話型(『宇治拾遺物語』の中の昔話
  • 『宇治拾遺物語』第三話と昔話「瘤取爺」-構造からと、表現からと ほか)
  • 4 『宇治拾遺物語』説話の個別性(「平安京の物語」としての『宇治拾遺物語』
  • 規範と逸脱 第七六話「仮名暦誂タル事」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 入門説話比較の方法論
著作者等 廣田 收
書名ヨミ ニュウモン セツワ ヒカク ノ ホウホウロン
出版元 勉誠
刊行年月 2014.10
ページ数 522p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-585-29073-5
NCID BB16838768
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22483512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想