講座教育実践と教育学の再生  別巻

教育科学研究会 編

8・15と3・11から問う教育の原点と新しい可能性。子どもの生命を守る。教育を語ることばを取りもどす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦後教育の検討から教育学の再生へ(戦争と教育-戦後教育学と戦争体験の思想化
  • 子ども研究と教育学構想-生活綴方教育と勝田守一との出会い
  • 教育社会学と教育実践との出会い-教育の社会性と実践性との関連を追究して ほか)
  • 第2部 戦後教育実践の紹介と批評-実践記録を手がかりに(無着成恭『山びこ学校』1951年-生活綴方教育の再生
  • 長田新『原爆の子』1951年-子どもの原爆被害者の悲痛な声と向き合う
  • 石田和男『夜明けの子ら』1952年-恵那の教育を牽引し続けた24歳の実践記録 ほか)
  • 第3部 子どもの生命と戦後教育学-インタビュー・大田堯さんに聴く(聴き手・田中孝彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 講座教育実践と教育学の再生
著作者等 久富 善之
佐藤 広美
佐貫 浩
教育科学研究会
田中 孝彦
教科研
書名ヨミ コウザ キョウイク ジッセン ト キョウイクガク ノ サイセイ
書名別名 戦後日本の教育と教育学
巻冊次 別巻
出版元 かもがわ
刊行年月 2014.10
ページ数 319p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7803-0619-4
NCID BB16827273
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22487927
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「国民の教育権論」を継承する 佐貫浩
「地域に根ざす教育」の先駆的実践と苦闘の記録 木戸口正宏
「家庭科女子のみ必修」は、なぜ問題にならなかったのか 片岡洋子
「生きがい」の生活綴方 前田晶子
いのちへの責任・連帯の教育実践 一盛真
これからも生きていくのだから 伊藤和実
フェミニズム教育実践の方へ 望月一枝
労働現場から生まれた連帯の学級 佐藤博
子どもの原爆被害者の悲痛な声と向き合う 松浦勉
子どもの生命と戦後教育学 大田堯, 田中孝彦 聴き手
子どもの自由をひろげる生活綴方教師・丹羽徳子 渡邉由之
子どもへの信頼が拓く教育の地平 西本勝美
学力格差への習熟論的接近 福島裕敏
微積分を学び自立に挑戦する 鈴木敏則
思春期の新たな自分づくりと教師 馬場久志
恵那の教育を牽引し続けた24歳の実践記録 森田道雄
愛と苦悩の学級臨床教育実践 山本宏樹
戦後教育学と戦争体験の思想化 佐藤広美
戦後日本の教育と教育学 久冨善之, 佐藤広美 編集委員, 佐貫浩, 田中孝彦
教科研は教育の平等をいかに追求してきたのか 松田洋介
教育の社会性と実践性との関連を追究して 久冨善之
教育実践を理論化・一般化するいとなみ 藤田和也
生活綴方教育と勝田守一との出会い 田中孝彦
生活綴方教育の再生 仲嶺政光
競争の教育時代に誕生、非行とたたかう実践 上間陽子
自己と世界を再構成する「ストーリーの学力」 田中昌弥
若者はいつ、どこで、「職業」を学ぶのか 児美川孝一郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想