現代の死と葬りを考える

近藤剛 編著

昨今、死にまつわる問題、とりわけ葬儀についての関心が高く、経済誌などでも特集記事が組まれるほどである。そのようななか、本書では、現代における死生観を問い直し、多様化する葬送儀礼のあり方をめぐって学際的に検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代における死生観と葬送儀礼の多様性
  • 第1部 死生観の研究(古代人の死生観-エジプト、メソポタミア、ギリシャ・ローマ、パレスティナを手がかりとして
  • 「天地の間」という自然観-遺体から遺伝子まで
  • 中世日本の死生観
  • 死の現象学-死の知に関するシェーラーの考察
  • 死生観の構造)
  • 第2部 葬送儀礼の研究(葬送倫理の提言
  • 死者儀礼の重要性-葬儀後の儀礼を中心に
  • 死生文化としての臨終儀礼
  • 葬送のイメージ論-いやしと宗教性
  • 観光資源化する葬送儀礼
  • 都市部における葬儀の今後とは)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の死と葬りを考える
著作者等 近藤 剛
書名ヨミ ゲンダイ ノ シ ト ホウムリ オ カンガエル : ガクサイテキ アプローチ
書名別名 学際的アプローチ
シリーズ名 神戸国際大学経済文化研究所叢書 17
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2014.10
ページ数 282p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07142-5
NCID BB16798765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22484694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想