米国経済白書  2014

大統領経済諮問委員会 [著] ; 萩原伸次郎 監修 ; 『米国経済白書』翻訳研究会 訳

[目次]

  • 総論 「財政の崖」を乗り越えて進む米国経済-危機後5年、オバマ政権はなぜ最低賃金の大幅アップを求めるのか
  • 1 機会を分かち合う持続可能な成長の促進
  • 2 2013年の回顧と将来の見通し
  • 3 米国復興及び再投資法5年間の経済効果
  • 4 最近のヘルスケア・コストの傾向と経済への影響、そしてケア適正化法の役割
  • 5 生産性成長を促進する
  • 6 「貧困との戦い」から50年-進捗報告
  • 7 連邦プログラム改善のためのツールとしての評価

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 米国経済白書
著作者等 Council of Economic Advisers
アメリカ合衆国大統領経済諮問委員会
萩原 伸次郎
『米国経済白書』翻訳研究会
書名ヨミ ベイコク ケイザイ ハクショ
書名別名 ECONOMIC REPORT OF THE PRESIDENT
巻冊次 2014
出版元 蒼天社
刊行年月 2014.7
ページ数 316p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-901916-41-7
NCID BB16787871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22459098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想