動かすな、原発。

小出裕章, 海渡雄一, 島田広, 中嶌哲演, 河合弘之 著

3.11の福島第一原子力発電所事故の後、唯一再稼働をした「実績」を持つ大飯原発に対して、福井地裁は「動かしてはならない」との判決を出した。「原発銀座」「原発城下町」で長年にわたり大飯原発の危険性を訴えてきた原告・弁護団の声を紹介するとともに、判決の内容と今後への影響を分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 司法への絶望と希望-裁判所は3・11に向き合えるか
  • 「原発銀座」の名を返上する日へ
  • 「王様は裸だ」-事実と常識に基づく判決が出されるまで
  • 司法は生きていた-動かしようのない事実と論理に裏づけられた判決
  • 福井地裁判決はどのような影響をもたらすか
  • 大飯原発三、四号機運転差止請求事件・判決要旨

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動かすな、原発。
著作者等 中島 哲演
小出 裕章
島田 広
河合 弘之
海渡 雄一
中嶌 哲演
書名ヨミ ウゴカスナ ゲンパツ : オオイ ゲンパツ チサイ ハンケツ カラ ノ シュッパツ
書名別名 大飯原発地裁判決からの出発
シリーズ名 岩波ブックレット No.912
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.10
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270912-3
NCID BB16778826
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22496379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想