アベノミクスと暮らしのゆくえ

山家悠紀夫 著

大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略という「三本の矢」を掲げて始動したアベノミクス。株価の上昇や円安の進行など、その効果が叫ばれるが、はたして実態はどうか。そして、私たちの暮らしにどのような影響を与えるのか。様々な経済統計を丹念に分析し、アベノミクスの矛盾と危険性を指摘。日本経済や人々の生活を立て直すための政策を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アベノミクスはなぜ問題なのか?-日本経済の長期停滞の原因を考える
  • 第2章 アベノミクスは成功しているのか?-「第一の矢」「第二の矢」の効果を検証する
  • 第3章 アベノミクスは何をもたらすのか?-「第三の矢」が暮らしを危険にさらす
  • 第4章 日本経済と暮らしのゆくえを問う-アベノミクスと逆発想の政策へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アベノミクスと暮らしのゆくえ
著作者等 山家 悠紀夫
書名ヨミ アベノミクス ト クラシ ノ ユクエ
書名別名 Abenomikusu to kurashi no yukue
シリーズ名 岩波ブックレット No.911
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.10
ページ数 79p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270911-6
NCID BB16777641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22496378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想