IMF自由主義政策の形成

西川輝 著

アジア通貨危機やリーマンショックなどの金融危機対応に示されたIMFの政策体系の起源とは。戦後世界経済の為替自由化に果たした決定的役割を再評価、今日に及ぶ経済政策の新たな全体像を示して、ブレトンウッズ体制の核心にも迫る気鋭の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ブレトンウッズ体制下のIMF-自律的な政策形成へ
  • 第1章 多角主義からアブソープションアプローチへ-IMF経済政策の起源1944‐52
  • 第2章 14条コンサルテーションの開始とポンド交換性回復の試み-為替自由化をめぐるマクロ政策調整1952‐54
  • 第3章 為替自由化とポンド危機-マネタリーアプローチと融資政策1955‐57
  • 第4章 多角的決済体制の樹立からシステム不安へ-資本自由化の潮流とIMF1958‐61
  • 終章 ブレトンウッズ体制の変容とIMF-総括と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 IMF自由主義政策の形成
著作者等 西川 輝
書名ヨミ アイエムエフ ジユウ シュギ セイサク ノ ケイセイ : ブレトン ウッズ カラ キンユウ グローバルカ ヘ
書名別名 Creation and Evolution of the IMF

Creation and Evolution of the IMF : ブレトンウッズから金融グローバル化へ
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2014.9
ページ数 278p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0780-1
NCID BB16759945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22478644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想