近代主観主義の超克

池田善昭 編著

震災以後、私たちはどこへ向かうべきなのか。言葉によらず顕わになる「存在」。各界からの知の問いかけ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代主観主義の超克-文明の新しいかたち(西洋哲学史における「主観」の変遷
  • 「包みつつ包まれる」場所について ほか)
  • 第2章 現代文明の危機と人間-G・マルセルの時代診断とその意義(問題と技術
  • 問題に向かう態度と実存に向かう態度 ほか)
  • 第3章 人と人との間を見つめて生きる-西田幾多郎哲学を実践する(メンタルケアコーチとは
  • 苦しむクライアントの背景 ほか)
  • 第4章 ダーウィンの盲点-オートポイエーシスの進化論(ダーウィンの進化論とその展開
  • ダーウィニズムの盲点 ほか)
  • 第5章 区切れない世界と自己自身の土壌化(土壌の複雑多様性と包摂性
  • 区切る世界と区切れない世界 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代主観主義の超克
著作者等 池田 善昭
書名ヨミ キンダイ シュカン シュギ ノ チョウコク : ブンメイ ノ アタラシイ カタチ
書名別名 文明の新しいかたち
シリーズ名 シリーズ文明のゆくえ : 近代文明を問う / 梅原猛 総監修
出版元 晃洋書房
刊行年月 2014.9
ページ数 141p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7710-2562-2
NCID BB1674747X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22524642
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想