語れなかった物語

アーザル・ナフィーシー 著 ; 矢倉尚子 訳

政治家だった「毒親」との確執、家族や一族を飲み込んでいく政界の陰謀やイラン・イスラーム革命後の政府の弾圧…。『テヘランでロリータを読む』の著者による、心揺さぶる回想録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ファミリー・フィクション(セイフィー
  • 腐った遺伝子 ほか)
  • 第2部 教訓と学び(家を離れる
  • ルーダーベの物語 ほか)
  • 第3部 父の投獄(一般犯罪者
  • 獄中日記 ほか)
  • 第4部 反乱と革命(幸福な家族
  • デモ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 語れなかった物語
著作者等 Nafisi, Azar
矢倉 尚子
ナフィーシー アーザル
書名ヨミ カタレナカッタ モノガタリ : アル カゾク ノ イラン ゲンダイシ
書名別名 THINGS I'VE BEEN SILENT ABOUT

ある家族のイラン現代史
出版元 白水社
刊行年月 2014.9
ページ数 384p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08374-1
NCID BB16741939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22472890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想