日本の感性が世界を変える

鈴木孝夫 著

ことばと文化、自然と人間の営みに深い思索を重ねてきた著者が、世界の危機を見据えて語る"日本人の使命"とは。外国人が日本語を学ぶとなぜか礼儀正しくなる「タタミゼ効果」の不思議や、漢字に秘められた意外な力、持続可能社会だった江戸時代の豊かさ、そして日本人の世界観を西欧文明と対比させながら、小さくとも強靭な日本の感性を文明論として考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 世界の主導文明の交代劇が今、幕を開けようとしている
  • 第1章 全生態系の崩壊を早める成長拡大路線はもはや不可能
  • 第2章 日本の感性が世界を変える-日本語のタタミゼ効果を知っていますか
  • 第3章 鎖国の江戸時代は今後人類が進むべき道を先取りしている
  • 第4章 今の美しい地球をどうしたら長期に安定して持続させられるか
  • 第5章 自虐的な自国史観からの脱却が必要
  • 第6章 日本語があったから日本は欧米に追いつき成功した
  • 第7章 日本語は世界で唯一のテレビ型言語だ
  • 第8章 なぜ世界には現在六千種もの異なった言語があるのだろうか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の感性が世界を変える
著作者等 鈴木 孝夫
書名ヨミ ニホン ノ カンセイ ガ セカイ オ カエル : ゲンゴ セイタイガクテキ ブンメイロン
書名別名 言語生態学的文明論

Nihon no kansei ga sekai o kaeru
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2014.9
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603756-6
NCID BB16739642
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22478141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想