熱狂、恐慌、崩壊

C.P.キンドルバーガー, R.Z.アリバー 著 ; 高遠裕子 訳

チューリップ熱、南海泡沫事件、世界大恐慌、リーマン・ショック-。なぜバブルは繰り返し発生し、人類はそれをコントロールできないのか?豊富な事例を引きながら古今東西の金融危機の歴史を網羅した名著の増補改訂版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 金融危機-繰り返されるテーマ
  • 典型的危機の解剖
  • 投機熱
  • 火に油-信用膨張
  • 決定的段階-バブルが弾けるとき
  • 陶酔感と紙の資産
  • バーナード・マドフ-詐欺、不正、信用サイクル
  • 国際的な伝染 一六一八〜一九三〇年
  • バブルの伝染-メキシコシティ、東京、バンコク、ニューヨーク、ロンドン、レイキャビク
  • 政策対応-傍観、勧告、銀行休業
  • 国内の最後の貸し手
  • 国際的な最後の貸し手
  • リーマン・ショック-避けられた恐慌
  • 歴史の教訓
  • エピローグ 二〇一〇年〜二〇二〇年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 熱狂、恐慌、崩壊
著作者等 Aliber, Robert Z
Aliber, Robert Z.
Kindleberger, Charles Poor
高遠 裕子
Aliber Robert Z.
Kindleberger Charles P.
アリバー ロバート・Z.
キンドルバーガー チャールズ・P.
書名ヨミ ネッキョウ キョウコウ ホウカイ : キンユウ キキ ノ レキシ
書名別名 MANIAS,PANICS AND CRASHES

金融危機の歴史

Nekkyo kyoko hokai
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2014.9
ページ数 545p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-35607-1
NCID BB16721148
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22471866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想