脳性まひ児の家庭療育

Eva Bower 原著編著 ; 上杉雅之 監訳

460点を超えるイラストを通じて、役立つ知識・スキルや脳性まひ児の抱き方・動かし方を解説。「神経画像」「てんかん」「感情的健康」「装具」「痙縮の管理」「補完代替医療」の項目を追加。「睡眠」「摂食」「抱っこと移動」「トイレトレーニング」「コミュニケーション」「巧緻運動」の各章で、その分野における専門家たちによる大改訂を実施。診断による分類にはこだわらず、用語の説明より、両親に対する子どもの表現方法や、よく出くわす困難なことを重要視している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 両親と専門家間のコミュニケーション
  • 病院の予約・評価・入院に対処するための準備
  • 脳性まひの医学的側面:原因、関連する問題、管理
  • 脳性まひ診断における種々の脳画像技術の役割
  • 脳性まひのてんかん
  • 両親の問題
  • 学習と行動-心理学者の役割
  • 感情的健康
  • 早期学習における両親の貢献-触って、見て、聞いてやり取りをして、対話を育む
  • 健常児と脳性まひ児の運動の理解〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳性まひ児の家庭療育
著作者等 Bower, Eva
上杉 雅之
書名ヨミ ノウセイ マヒジ ノ カテイ リョウイク
書名別名 FINNIE'S HANDLING THE YOUNG CHILD WITH CEREBRAL PALSY AT HOME
出版元 エルゼビア・ジャパン : 医歯薬出版
刊行年月 2014.9
版表示 第4版
ページ数 437p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-263-21490-9
NCID BB16709470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22497685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想