ヘルダーリンと現代

高木昌史 著

困難な時代に詩人は存在しうるか。理想と美を遠望し、孤高の道を歩み続けたヘルダーリン。その深遠な作品の魅力は、あまたの詩人・思想家をとりこにする。いやましに高まるヘルダーリン再評価の今日的意義とは何か、重層的かつ根底から問い直す渾身の力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヘルダーリンと詩人たち-証言集1/解説(同時代
  • 世紀転換期 ほか)
  • 第2章 ヘルダーリンと現代思想-証言集2/解説(ドイツ語圏
  • その他)
  • 第3章 ヘルダーリンの現在(最近の研究動向-『ヘルダーリン年鑑』
  • 自然-河流/海 ほか)
  • 第4章 ヘルダーリン詩集(訳/解題/注釈)(「ネッカル河」
  • 「帰郷」 ほか)
  • 資料集(テクスト
  • 参考文献 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘルダーリンと現代
著作者等 高木 昌史
書名ヨミ ヘルダーリン ト ゲンダイ
書名別名 Herudarin to gendai
出版元 青土社
刊行年月 2014.10
ページ数 373,24p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6821-9
NCID BB16678209
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22471262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想