貧者を喰らう国

阿古智子 著

焦燥、怨嗟、慟哭、絶望…「格差」が人間を破壊する!中国建国65周年、共産主義の理想は、なぜ歪んだ弱肉強食の社会を生み出したのか。エイズ村、農民工、学歴競争、役人汚職、ネット世論、反日デモ…中国社会の暗部に深く踏み込んだ研究者による衝撃レポート。格差社会の臨界点へと突き進む隣国を、ソフトランディングに導くことは可能なのか。日本人必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エイズ村の慟哭
  • 第2章 荒廃する農村
  • 第3章 漂泊する農民工
  • 第4章 社会主義市場経済の罠
  • 第5章 歪んだ学歴競争
  • 第6章 ネット民主主義の行方
  • 第7章 公共圏は作れるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貧者を喰らう国
著作者等 阿古 智子
書名ヨミ ヒンジャ オ クラウ クニ : チュウゴク カクサ シャカイ カラ ノ ケイコク
書名別名 中国格差社会からの警告
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2014.9
版表示 増補新版
ページ数 255p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603757-3
NCID BB16671720
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22477635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想