言語理論の経験的基盤

長谷川欣佑 著

生成文法理論の最大の貢献は、その目標自体(=個別言語の言語能力および普遍的言語獲得能力を明示的な形で表現するための理論装置の開発)が、理論・実証両面で多くの発見を促し、統語分析の質を飛躍的に高めたことにある。最近の主流をなす極小主義プログラムは野心的であるが、理論と経験的事実との健全な相互依存関係が希薄になる傾向が見られる。著者は極小主義に立つ多くの研究が依拠する基本的仮定群を再検討し、生成文法の基本理念に基づくより妥当な文法理論の建設を目指す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語理論の経験的基盤:総論
  • 第2章 2項枝分かれ構造と要素間の順序付け
  • 第3章 移動の複写説と非顕在的移動
  • 第4章 顕在的移動の性質と非顕在的移動
  • 第5章 代名詞解釈のシステム
  • 第6章 付加構造とACD

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語理論の経験的基盤
著作者等 長谷川 欣佑
書名ヨミ ゲンゴ リロン ノ ケイケンテキ キバン
出版元 開拓社
刊行年月 2014.9
ページ数 201p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7589-2203-6
NCID BB16660600
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22469951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想