ASEANシフトが進む日系企業

春日尚雄 著

近年の状況を見ると、海外進出企業は集中のメリットを優先し、リスク分散をはかる必要を軽んじていた感がある。日本企業はASEANとりわけメコン地域への投資の比重を増やす行動が起きつつある。本書では一大経済圏となりつつあるGMS(拡大メコン経済圏)で、日系グローバル企業を中心に産業の集積と分散がどのように起きているかを論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 課題と分析枠組み
  • 第1章 地域統合とサブリージョナル化
  • 第2章 加速されたメコン地域開発
  • 第3章 貿易面からみたASEANとGMSのダイナミズム
  • 第4章 ASEANにおける直接投資に関する分析-日本、中国による投資を中心に
  • 第5章 日系グローバル企業の戦略とGMSにおける産業の集積・分散
  • 第6章 産業の集積と分散の諸条件
  • 終章 結論と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ASEANシフトが進む日系企業
著作者等 春日 尚雄
書名ヨミ アセアン シフト ガ ススム ニッケイ キギョウ : トウゴウ イッタイカ スル メコン チイキ
書名別名 統合一体化するメコン地域
出版元 文眞堂
刊行年月 2014.8
ページ数 197p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8309-4772-8
NCID BB16645662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22468192
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想