高血圧のほとんどは薬はいらない!

大櫛陽一 著

日本では、血圧が「130」を超えると高血圧とされる。だが、これは絶対的なものではない。例えば2014年4月に日本人間ドック学会が「147まで正常値」と発表したように、血圧の基準値というのはいくつも存在しており、その中で130というのは「低い」設定なのである。そもそも血圧とは年齢別で考えるべきもの。血管は年齢とともに柔軟さを失うので、年長者になるほど体が血圧を高くして血液を流れやすくしている。130という低い基準値は、そうした血圧をも薬で下げるもので、悲劇を招くこともあるのだ。本書は、こうした「血圧130の常識の嘘」を説き、高血圧を36話で学ぶものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高血圧の基準値が変わる?
  • 第2章 さようなら高血圧の恐怖
  • 第3章 医師と製薬企業との利益相反
  • 第4章 日本人を対象とした研究
  • 第5章 降圧剤のウラばなし
  • 第6章 血管を元気にする方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高血圧のほとんどは薬はいらない!
著作者等 大櫛 陽一
書名ヨミ コウケツアツ ノ ホトンド ワ クスリ ワ イラナイ : ゴジッサイ ダンセイ デ ヒャクゴジュウゴ ワ セイジョウチ
書名別名 50歳・男性で155は正常値
シリーズ名 角川SSC新書 234
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2014.9
ページ数 155p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-731651-5
NCID BB16628539
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22464015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想