だから医学は面白い

日野原重明 著

世界の誰よりも長く、深く、そして広い視野で医学・医療を考えてきた医師の到達点。渾身の書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アートとしての医学-看護と融合する医学(医学はサイエンスに支えられたアートである
  • ウィリアム・オスラーの生涯 ほか)
  • 2 医師として成熟するための数々の試練(姉と競い合った少年時代
  • 左翼思想に傾倒した三高時代 ほか)
  • 3 日本の医療システムを変えていく(武見太郎と橋本寛敏
  • 臨床研修・医学教育の改革に挑む ほか)
  • 4 次世代リーダーへのメッセージ(「人生のモデル」を持つことの大切さ
  • 「テンダーマインド」で傷ついた心をサポートする ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 だから医学は面白い
著作者等 日野原 重明
書名ヨミ ダカラ イガク ワ オモシロイ : ビジョン オ オイツズケタ ワタクシ ノ キセキ
書名別名 幻を追い続けた私の軌跡

Dakara igaku wa omoshiroi
出版元 日本医事新報社
刊行年月 2014.9
ページ数 163p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7849-4438-5
NCID BB16609137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22462945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想