日本の年金

駒村康平 著

[目次]

  • 年金制度を取り巻く状況(人口はどうなるのか
  • 二〇二五年の日本社会の姿
  • 雇用の変容
  • 格差の拡大
  • 安定した社会保障財源の確保)
  • 年金制度は、いま(公的年金の役割
  • 厚生年金の給付と負担
  • 二〇一二年の一体改革にともなう年金改革
  • 新たな課題)
  • 年金制度が直面していること(先進国での共通の問題
  • 年金財政の変化
  • 未納者の増加
  • 各国の年金制度
  • 自営業の年金制度は、なぜ別の制度なのか)
  • これからの年金制度(制度設計をどうするのか
  • 現行制度維持か、抜本改革か、公的年金廃止民営化か
  • 高齢者への最低所得保障
  • 抜本改革は可能か
  • 二〇一四年の年金財政検証
  • 支給開始年齢の引き上げという選択肢
  • 年金積立金の運用と私的年金
  • 改革の構想)
  • 今後の社会保障制度を展望する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の年金
著作者等 駒村 康平
書名ヨミ ニホン ノ ネンキン
書名別名 Nihon no nenkin
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1501
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.9
ページ数 259,5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431501-8
NCID BB16605737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22479443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想