人はなぜ歌うのか

丸山圭三郎 著

言語哲学の第一人者であり、熱烈なカラオケファンである著者が、楽しくかつ真摯にカラオケを様々な視点から論ずる。人間は唯一の"歌う動物(ホモ・カンターンス)"である。人は歌うことにより世界に気づく。カラオケで歌うことは、生(レーベン)の回復であると著者は考える。カラオケと歌うことの魅力を存分に語り、歌うことの好きな全ての人におくる格好の書。井上陽水と著者が歌うことの楽しさを語り合った対談を併せて収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 歌う阿呆に聴く阿呆
  • 第1章 カラオケ七不思議
  • 第2章 情感あふるる音痴
  • 第3章 カラオケを楽しむために
  • 第4章 音楽のミステリー
  • 第5章 カラオケとは何か
  • 終章 人はなぜ歌うのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人はなぜ歌うのか
著作者等 丸山 圭三郎
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ ウタウ ノカ
書名別名 Hito wa naze utau noka
シリーズ名 文芸 245
岩波現代文庫 245
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.9
ページ数 255p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602245-7
NCID BB16603243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22476810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想