石油の「埋蔵量」は誰が決めるのか?

岩瀬昇 著

資源ナショナリズムが高まる今こそ、「教養」としてのエネルギー複眼思考を。商社でエネルギー部門に携わること40年以上の著者が、これまで誰も言わなかった石油「埋蔵量」のカラクリ、シェールガスの未来、「第5のエネルギー」の可能性をやさしく解説。資源が乏しい日本が選ぶべき道は?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の輸入ガスはなぜ高いか?
  • 第2章 進化するシェール革命
  • 第3章 埋蔵量のナゾ
  • 第4章 戦略物質から商品へ
  • 第5章 もう一度エネルギー問題を考える
  • 第6章 日本のエネルギー政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 石油の「埋蔵量」は誰が決めるのか?
著作者等 岩瀬 昇
書名ヨミ セキユ ノ マイゾウリョウ ワ ダレ ガ キメル ノカ : エネルギー ジョウホウガク ニュウモン
書名別名 エネルギー情報学入門
シリーズ名 文春新書 991
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.9
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660991-8
NCID BB16592001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22480977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想