秋風秋雨人を愁殺す

武田泰淳 著

清朝末期の混乱極まった政治状況のもと、疾風のように駆け抜けた美貌の若き女性革命家秋瑾(しゅうきん、1875‐1907)の評伝。革命のためにのみ己れのあることを信じて日本に留学、東京で孫文の中国革命同盟会に参加。帰国後、苛烈な革命運動に身を投じ、辛亥革命前夜、浙江省紹興で武装蜂起するも、志果たせず清軍に斬首された。魯迅との関連、さまざまな革命家との確執のなか、日本刀を鍾愛した烈女秋瑾の思想と人間像を浮き彫りにする。以後の革命運動の精神的支柱となった秋瑾の鮮烈な生涯を多彩に描いた評伝の白眉。巻末に、鶴見俊輔による武田泰淳の魅力を語った「主人公とは誰か」を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 秋風秋雨人を愁殺す
  • 第2章 なかば血痕なかば涙痕
  • 第3章 紹興の雨
  • 第4章 「謀反人は誰じゃ」
  • 第5章 落水狗と共に
  • 第6章 猪の叫び響く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秋風秋雨人を愁殺す
著作者等 武田 泰淳
書名ヨミ シュウフウ シュウウ ヒト オ シュウサツ ス : シュウ キン ジョシデン
書名別名 秋瑾女士伝
シリーズ名 ちくま学芸文庫 タ43-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.9
ページ数 263p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09638-8
NCID BB16579014
BN02715709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22477508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想