解説徒然草

橋本武 著

伝説の国語教師による超ロングセラーの古文参考書。著者は、寄り道しつつ、遊びつつ『銀の匙』1冊を3年間かけて学ぶという独自の教育スタイルにより、灘校を東大合格者数ナンバーワンに導いたと言われる。本書には、その授業実践のすべてが凝縮されている。現世への無常観を抱きつつ、なお時代を、人をあたたかな目で見つめつづけた兼好の名随筆より、珠玉の断章をセレクト。やさしい現代語訳や語句注釈で学び、ユーモアと人間味あふれる解説でさらなる広がりに触れながら、古文の世界に楽しく親しむことができる、入門書の決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • つれづれの日暮らし-序段
  • 願はしかるべきこと-第一段
  • さだめなき世-第七段
  • えならぬ匂ひ-第八段
  • ことさめの柑子の木-第十一段
  • 心の友-第十二段
  • 歌の道-第十四段
  • しばしの旅立ち-第十五段
  • 許由と孫晨-第十八段
  • 折節の移りかはり-第十九段〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解説徒然草
著作者等 橋本 武
書名ヨミ カイセツ ツレズレグサ
シリーズ名 徒然草 ハ41-1
ちくま学芸文庫 ハ41-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.9
ページ数 300p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09636-4
NCID BB1657885X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22474687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想