漢字の歴史

笹原宏之 著

そもそもは中国語を表す文字だった漢字。その漢字と日本語という本来は異質なものがどう融合してきたのだろうか。試行錯誤の歴史を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文字とはなんだろう(そもそも文字とは
  • 文字の造られ方 ほか)
  • 第2章 漢字とはなんだろう(漢字の起源
  • 漢字とはなんだろう ほか)
  • 第3章 国境を越える漢字(漢字、国境を越える
  • 日本にやってきた漢字 ほか)
  • 第4章 日本語に入った漢字(漢字音とは
  • 万葉仮名 ほか)
  • 第5章 文字資料で見てみよう(文字資料の残され方・失われ方
  • 日本に残っている文字の資料)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漢字の歴史
著作者等 笹原 宏之
書名ヨミ カンジ ノ レキシ : フルクテ アタラシイ モジ ノ ハナシ
書名別名 古くて新しい文字の話
シリーズ名 ちくまプリマー新書 219
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.9
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68922-1
NCID BB16556755
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22474212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想