ヘイト・スピーチの法的研究

金尚均 編 ; 森千香子, 安田浩一, 中村一成, 遠藤比呂通, 小谷順子, 櫻庭総 [執筆]

「差別的表現」と「ヘイト・スピーチ」は同列に扱ってよいのか?ヘイト・スピーチ規制の法的可能性を理性的・公共的に問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本におけるヘイト・スピーチ(ヘイト・スピーチとレイシズムの関係性-なぜ、今それを問わねばならないのか
  • 新保守運動とヘイト・スピーチ
  • ヘイト・スピーチとその被害)
  • 第2部 表現の自由とヘイト・スピーチ(表現の自由とは何か-或いはヘイト・スピーチについて
  • 表現の自由の限界
  • 言論規制消極論の意義と課題)
  • 第3部 ヘイト・スピーチに対する刑事規制(刑法における表現の自由の限界-ヘイト・スピーチの明確性と歴史性との関係
  • 名誉に対する罪によるヘイト・スピーチ規制の可能性-ヘイト・スピーチの構造性を問うべき次元
  • ヘイト・スピーチ規制の意義と特殊性
  • ヘイト・スピーチに対する処罰の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘイト・スピーチの法的研究
著作者等 中村 一成
安田 浩一
小谷 順子
森 千香子
櫻庭 総
遠藤 比呂通
金 尚均
書名ヨミ ヘイト スピーチ ノ ホウテキ ケンキュウ
書名別名 Legal Study of Hate Speech

Heito supichi no hoteki kenkyu
出版元 法律文化社
刊行年月 2014.9
ページ数 186p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-589-03618-6
NCID BB16550817
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22470333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想