緑の党

小野一 著

一九六〇年代末〜七〇年代初頭、先進諸国で高揚した「新しい社会運動」。そこから出発した緑の党は、役割を変化させながら現在に至っている。ドイツをはじめとした諸外国のケースを検討しながら、運動・思想・体制(政権党)の三つの側面を分析する。私たちはどのような社会を望むのか。緑の党はその選択肢になりうるのか。いま改めて考え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜいま緑の党か
  • 第1章 世界に広がる緑の党(欧州諸国
  • ドイツ
  • フランス
  • アングロサクソン諸国
  • グローバル・グリーンズ)
  • 第2章 運動としての緑の党(転換点としての一九六八年
  • 多様なテーマ
  • 社会運動から政権党へ)
  • 第3章 思想としての緑の党(エコロジー思想は左翼か
  • 環境思想-源流からエコロジー的近代化まで
  • 新しい生き方・働き方を求めて)
  • 第4章 体制としての緑の党(シュレーダー政権の軌跡と緑の党
  • 焦点としての脱原発問題
  • 政権参加と緑の党のアイデンティティ
  • ポスト赤緑時代の政党連立問題
  • 研究機関およびシンクタンク)
  • 終章 緑の党と私たち(戦後日本政治と革新勢力の脆弱性
  • 緑の党研究から私たちは何を学ぶか
  • 私たちはどのような社会を望むのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 緑の党
著作者等 小野 一
書名ヨミ ミドリ ノ トウ : ウンドウ シソウ セイトウ ノ レキシ
書名別名 運動・思想・政党の歴史

Midori no to
シリーズ名 講談社選書メチエ 583
出版元 講談社
刊行年月 2014.9
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258586-6
NCID BB16549283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22469500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想