テレビは国境を越えたか

河村雅隆 著

EU統合はヨーロッパのテレビにどのような影響を与えたか。元・NHKプロデューサーで欧米の放送現場に深く携わってきたメディアウォッチャーが語る、欧州の放送の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ラジオの誕生期に見る英米の放送観の違い(BBCの「規範性」
  • 通信を規制する法律の誕生 ほか)
  • 2章 イギリス、放送サービスの「複占」(公共放送、独占の時代の終わり
  • 商業放送ITVの誕生 ほか)
  • 3章 欧州は汎ヨーロッパ放送を求めているか(一九八〇年代以前のヨーロッパの放送状況
  • 放送衛星のもたらしたインパクト ほか)
  • 4章 放送における多様性をどのように確保していくか(情報資源の有限性・稀少性
  • 多様化が急速に進行する世界 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テレビは国境を越えたか
著作者等 河村 雅隆
書名ヨミ テレビ ワ コッキョウ オ コエタカ : ヨーロッパ トウゴウ ト ホウソウ
書名別名 ヨーロッパ統合と放送
出版元 ブロンズ新社
刊行年月 2014.9
ページ数 155,2p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89309-586-2
NCID BB16544552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22471283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想