「らしい」建築批判

飯島洋一 著

なぜ東京オリンピックのために、ザハ・ハディドの手による新国立競技場が必要なのか。加熱する資本主義システムに加担する「ブランド」建築家たちの論理を厳密に検証。何者も国家と資本の論理から逃れられない絶望の只中で、未来の建築をいかに構想することができるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 新国立競技場計画設計競技
  • 2 ザハ・ハディド案
  • 3 ブランドとしての建築家
  • 4 革命の終焉
  • 5 「社会性」からの撤退
  • 6 ポスト・モダニズムからネオ・モダニズムへ
  • 7 建築は芸術か?
  • 8 誰のための建築か?
  • 9 東日本大震災

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「らしい」建築批判
著作者等 飯島 洋一
書名ヨミ ラシイ ケンチク ヒハン
出版元 青土社
刊行年月 2014.9
ページ数 340p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6811-0
NCID BB16534366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22459846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想