認知症高齢者の本態の理解

室伏君士 著

認知症の人が何を考え、どのような行動を取るのか、それらに対し、医療・看護・介護関係者はどのように対応すればよいのか?"その人らしさ""理にかなったメンタルケア"とは何か?その理論的背景には何があるのか?わが国の認知症研究の先駆者である著者のすべて、わが国の認知症治療の歴史が本書に収められています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ライフワーク(認知症高齢者への"理にかなったメンタルケア")の取り組みの経緯(第1期:初期:修行時代
  • 第2期:菊池病院時代:自己実現
  • 第3期:平成4年の定年後帰京:自己の再自覚)
  • 第2章 アルツハイマー病の健忘型認知症の記憶障害などの臨床特徴(成り立ち、意義、対応)について-その人間学的考察を加えて(症状の把握の意義
  • 健忘型認知症について
  • 手続き記憶:とくに個性的(その人らしさ)の技と人柄について
  • 高齢者の尊厳を支えるケア:とくに高齢者の過去のもつ意義について
  • 認知症高齢者とのコミュニケーション
  • 老年期の喪失体験とそれによる生きる不安:その意義と対応について
  • 常同性習癖化療法)
  • 第3章 認知症の構造と臨床類型(疾患と特徴)(認知症の臨床構造:その成因と意義
  • 認知症の臨床類型:疾患とその特徴)
  • 第4章 認知症高齢者のエンドオブライフ・ケアの問題点について(「生命」と「生活」の高齢者の終末期における問題点)
  • 第5章 最近の高齢者に関する社会現象・対策の問題について(厚生労働省の高齢者・認知症者とその家族への、最近の支援対策
  • 高齢者の生き方の最近の時期的変遷)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知症高齢者の本態の理解
著作者等 室伏 君士
書名ヨミ ニンチショウ コウレイシャ ノ ホンタイ ノ リカイ : トク ニ ソノ イキカタ ノ イギ ト タイオウ ニ ツイテ
書名別名 とくにその生き方の意義と対応について

Ninchisho koreisha no hontai no rikai
出版元 ワールドプランニング
刊行年月 2014.9
ページ数 189p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-86351-078-4
NCID BB16514507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22539041
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想