明治天皇という人

松本健一 著

明治天皇の声がきこえない…宮内省編修の『明治天皇紀』など公式文書をもとに書かれた従来の伝記に不満を抱いた著者は、侍従の回想や元勲たちの証言、大正時代の雑誌付録など膨大な資料を渉猟し、わずかに残された肉声からその実像に迫った。西郷・乃木に親昵し、日露戦争を嫌悪する-明治天皇の人間性を探り、「明治」という時代の重みと近代日本の成立ちを捉え直した渾身の評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治天皇の声がきこえる
  • 天皇と乃木希典の関係
  • 記憶の王か
  • 統治の王
  • 侍補制度と大久保の遭難
  • 明治国家のゆくえ その一-西郷隆盛の「征韓」?
  • 明治国家のゆくえ その二-大久保利通の「征台」
  • 明治国家のゆくえ その三-権力は伊藤博文へ
  • 天皇機関説のたたかい その一-「国民」の教育
  • 天皇機関説のたたかい その二-ドイツ的な立憲君主制〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治天皇という人
著作者等 松本 健一
書名ヨミ メイジ テンノウ ト イウ ヒト
書名別名 Meiji tenno to iu hito
シリーズ名 新潮文庫 ま-35-3
出版元 新潮社
刊行年月 2014.9
ページ数 692p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-128733-1
NCID BB16496733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22460799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想